子犬買う前の動画比較辞典
子犬を買うまえに比較しましょう。もっと安く健康な子犬が手に入ります。ひと目惚れは危険です。

70%OFF子犬

ペットショップの70%OFFで血統付き子犬を入手!

検索フォーム

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログへ

@あしあと

カテゴリ

ハーディングドッグ(牧羊犬) (7)
スポーティングドッグ(鳥猟犬) (5)
ハウンドドッグ(獣猟犬) (8)
ノンスポーティングドッグ(家庭犬) (6)
ワーキングドッグ(作業犬) (10)
トイドッグ(愛玩犬) (11)
テリア(穴居害獣猟犬) (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

プロフィール

東京犬

Author:東京犬
大の犬好きです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ドーベルマン・ピンシャー




ドーベルマン(Doberman)はドイツ原産の犬種です。

19世紀末、ドイツのチューリンゲン州に住んでいたルイス・ドーベルマンによって警備犬として
ジャーマン・シェパードとジャーマン・ピンシェルとの交配により生み出されました。
ドーベルマン・ピンシャー、ドーベルマン・ピンシェルとも呼ばれています。


体高は126-128cmほどで、体毛は極短く口周りと足の先が茶色である他は艶がある黒又はチョコタンです。

体は全体的に筋肉質で尖った耳と短い尾が特徴です。
また、
ニューファンドランド犬




ニューファンドランド (Newfoundland) はカナダ東岸のニューファンドランド島を原産地とする犬種です。

もとは作業犬、海難救助犬でした。
現在では愛玩犬として飼われる事が多いのですが、カナダなどでは現在も水難救助犬として活躍しています。

利口で気が優しく、穏やかな超大型犬です。
日本では「ニューファン」、英語では "Newfy" の愛称があります。
体重は、オスが60-70 kg、メスは45-55 kg 、体高はオスが平均71 cm、メスは平均66 cm程です。

がっしりとした体型で、耳は比較的小さめの垂れ耳で目は小さく、くぼんでいます。
瞳は濃い褐色。表情が豊かで、愛嬌がある犬です。

泳ぎが得意なことでも知られており、足には水かき用の膜があります。
ダブルコートの厚く長い被毛は滑らかで、油脂分を含み、よく水をはじきます。
四肢は飾り毛におおわれ、垂れた尾にも毛が豊かに生えています。

特徴は
グレートピレニーズ




グレート・ピレニーズはピレニアン・マウンテン・ドッグともよばれる犬の一種で、超大型犬です。

伝統的に牧草地で家畜(特に羊)を保護するのに使われてきました。

非常に古い種類で、南フランスのピレネー山脈のバスク人によって数千年の間使われてきました。
最近では、フランス王立法廷の公式犬でもありました。

この種はニューファンドランドと大きさ、シルエット、毛質は同じですが、ニューファンドランドはこの種と違い、多くの場合黒または茶色の被毛を持ちます。

しかし、


人気ブログランキングへ 続きを読む…

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

シベリアンハスキーの子犬




シベリアン・ハスキーは大型犬に分類されます。

シベリア、カナダ北極圏にかけてのツンドラ地帯が原産地です。
、社会性に富んだ性格の大型犬種で進化系統上の祖先はスピッツと同系とされています。

極東北極圏を中心にトナカイ遊牧や狩猟を行う「チュクチ族」(「チェコート族」ともいう・俗に「エスキモー」と総称される中の1民族)に、古くから犬ぞりなどの牽引による人荷の運搬・狩猟補助などを行う用務犬として重用されてきました。

シベリア地帯やアラスカ半島を訪れた探険家や毛皮交易を行う北米商人らがチュクチ族を含めてエスキモーのことを「ハスキー」と呼称していたことから、その用務犬として用いられていた当犬種もハスキーと呼ばれるようになったようです。

特徴は

人気ブログランキングへ 続きを読む…

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

セント・バーナードの子犬




セント・バーナードは、スイス原産の犬種です。

あらゆる犬種の中で最大級の体格を誇り、成犬は標準で体高が65~90cm、体重は50~91kgほどにもなります。
過去最大の個体は、1970年にアメリカのミシガン州で誕生した「ベネディクティン・シュヴァルツヴァルト」号で、体高が99cm、体重は実に138kgに達したとされています。

セント・バーナードは、2世紀頃にローマ帝国軍の軍用犬としてアルプスに移入されたモロシア犬が、その後独自の発達を遂げたものだというのが定説です。

17世紀中頃から、スイス・アルプスの山深いグラン・サン・ベルナール峠にある修道院にて雪中遭難救助犬として使役されるようになり、20世紀初頭に至るまで、2,500名もの遭難者を救助しました。

このエピソードは画家などの絵により首に体を温めるためのラム酒の小樽をぶらさげたスタイルで知られています。

なかでも有名なのは、生涯に40名を救助した「バリー」号で、その活躍ぶりにちなんで、一時この犬種をバリー・ハウンド(バリー犬の意)と呼びました。

19世紀初め、病気と先天性疾患で絶滅危機に陥ったが、このときは、ニューファンドランドと交配させることにより、種を存続することができました。

1884年、グラン・サン・ベルナールの修道院にちなみ、サン・ベルナール(Saint-Bernard)と命名されました。
日本では英語読みの「セント・バーナード」が定着しています。


特徴は
人気ブログランキングへ 続きを読む…

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット


copyright 2005-2007 子犬買う前の動画比較辞典 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。